自宅と専門病院で脇の脱毛をする際の注意点とメリット

脇の脱毛をしようとする人は、最近では珍しくありません。

しかし、正しい知識を持った上でそれを行わないと、後でトラブルが起きるケースが目立ちます。

まず、自宅で脇の脱毛を行う際の注意点は、入浴中にそれを行わないことです。

裸でお湯まで用意されている状態だから、そのときにやった方が簡単だというイメージがありますが、実は入浴中やその直後だと、角質層が非常に柔らかくなっているため、カミソリを当てると、それまで一緒に削る危険性が高まるためです。

ただし、肌が乾燥している状態でそれをやるのもいただけません。

乾いた肌にカミソリを当てても、同様の結末を招くことになるからです。

ワセリンやクリーム(シェービングクリームは必要な皮脂まで奪うことが多いため、使用は控えましょう)を塗って、滑りをよくした状態で剃るようにしましょう。

カミソリを使うのが怖いという人は、女性用の電気シェーバーを使うようにしましょう。

これならば刃が肌に直接当たることはないため、ケガをする心配はありません。

ワックスを使った脱毛シートを用いる場合は、毛の流れに逆らわないようにしましょう。

無理に違う方向に剥がすと、肌が傷みます。

家庭用のレーザー脱毛機を使う場合は、付属説明書をよく読んでからにしましょう。

これは専門病院やサロンに比べれば出力が低くなっていますが、使用法を間違えると火傷を負うことがあるので、注意が必要です。

自宅で脇の脱毛を行う際のメリットは、自分の都合でそれができることです。

風邪や生理前後で体調が悪いため、それを控えたいと感じたらやめる自由がそこにあります。

これは事前予約が必要で、そうキャンセルばかりもしていられない専門機関にはないアドバンテージです。

専門機関(クリニックやサロン)を使う場合は、そこがどんなレーザーを使用しているのかを最初に確認しましょう。

一口にレーザーといっても一種類だけではなく、個人の肌や毛の質に合わせたものを使用する必要があります。

施術を受ける前に、担当者から説明を受け、納得した上でそれに臨むようにしましょう。

専門病院を使う際の最大のメリットは、永久脱毛ができることです。

自宅やサロンで行う脱毛処理は、その手間から解放されることがありません。

毛が生える度に同じことの繰り返しとなります。

しかし専門病院によるレーザー脱毛を受ければ、1年前後でそこの処理が完了します。

手早く、そして確実にそれをやりたいと思う人に向いている方法だと言えます。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ